2011年04月24日

髪と健康

髪の毛を東洋医学では「血余」といいます。
髪は血液の一部と考えられていて、髪の状態で体の血の状態が分かると言われています。


髪の根本には毛母細胞というのがあり、そこで新しい髪の毛が作られます。
毛母細胞は、血液から送られてきた栄養素を髪に作り変えている組織。
血液は、食べ物によって体内にタンパク質を合成して作られる。
すなわち正しい食生活で髪は作られるのです。


欧米型の高カロリーで脂肪の多い食生活はフケを増やし、血行障害になるため抜け毛の原因になると言われています。
逆に大豆などの豆製品はタンパク質が豊富に含まれているので、髪に良いとされてます。


新しい年度に入ってしばらく経ちましたが、新食生活を始めてみるのは如何でしょうか。


タグ:食生活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。