2010年11月28日

果物の薦め - 柚子(ゆず) -

柚子

「桃栗3年柿8年、柚子の大馬鹿18年」などと言われていますが、
これは実をつけるまでの年数で、柚子は栄養価高く、日本人にとって馴染み深い果実です。
七味やユズぽん酢などで、普段から口にしている方も多いと思います。
また、冬至にユズ湯を使うのは、今でも続いている伝統行事です。


果実は、みかん類とは違って酸味が強く生食にむかない(香酸柑橘という)ので
果汁を魚に垂らしたり、果皮を切って吸い物や鍋物などに入れたりするのが一般的。


果汁にはビタミンCが多く、免疫力を高める働きが期待できます。
皮にはヘスペリジンという物質が含まれていて、毛細血管の出血を防ぐのに効果的だとか。

香気成分のピネンシトラールには血行を良くする働きがあり、リラックス効果殺菌作用抗腫瘍作用もあるといわれています。


これから、寒い時期に向かっていきますが柚子を利用して元気で乗り越えたいものです。




| 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。