2010年01月17日

イカ(烏賊)

お正月の初詣で買った「一夜干いか」が美味しかったものですから、イカについて調べてみました。

十腕目の軟体動物で、およそ450以上もの種類に分けられます。
日本のイカの漁獲量は世界一で、世界の総水揚げ量の80%にもなるそうです。

イカやエビ、貝類は、高コレステロール食品と言われています。
しかし、イカにはタウリンが多く含まれています。
タウリンは、肝臓の機能を強化し胆汁酸の分泌を促進します。
胆汁酸は、血中コレステロールを下げ中性脂肪を減らす働きをするので、コレステロールについては気にする必要はないようです。

また、老化を防ぐビタミンEも豊富です。
他には、イカ墨にはリゾチームという成分が含まれています。
この成分には、抗菌作用があり、ガンの予防につながるそうです。

注意点は、イカには、痛風の原因となるプリン体が多く含まれています。
尿酸値が高い方は控えましょう。





| 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。