2009年02月09日

エキナセア

エキナセア
エキナセアは「インディアンのハーブ」と呼ばれ、北アメリカの先住民に、虫刺されの傷の手当など、万能薬的に使っていました。
自然療法の先進国ドイツでは、かぜの治療に処方されています。

天然の抗生物質ともいわれ、その免疫力を高める効果から、ガンエイズの治療薬としても研究されているそうです。
最近では、感染症予防への適用が研究され、サプリメントとしても有名です。

ハーブティーは、ほとんで味がなく、かすかに甘い香りがします。

風邪やインフルエンザのときは、抗ウイルス作用が発熱やのどの痛めを和らげ回復をサポートしてくれます。
免疫力が低下し、感染症を繰り返す人も予防的に飲むと良いかもしれません。

花粉症予防にも効果があるといわれています

薬効が強いため、飲みすぎると吐き気やめまいなどの症状が出るのでご注意下さい。




| お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。