2008年11月17日

ラベンダー

ラベンダー
ラベンダー
は、「ハーブの女王」とも呼ばれ、そのすがすがしい香りと可憐な花が古くから愛されてきました。
ラベンダーの名前は、「洗う」という意味のラテン語に由来し、古代ローマでは、浴場で入浴剤として使われたそうです。

ハーブティーは、香りが強いので、苦手な方は薄めたり、他のハーブとブレンドして頂くといいかもしれません。
香りには、沈静効果があるので、不安や憂鬱な気分で眠れない夜や、精神的なストレスでイライラしている時には、リラックスさせてくれます。
精神的な頭痛を和らげたり、高血圧などにも効果的です。
また、発汗を促し熱を下げる効果もあるので、熱を伴う風邪インフルエンザの時に飲むといいでしょう。

抗菌虫除けの作用があるので、ドライフラワーにして飾ってみては如何でしょうか。
見た目も可憐で、香りも楽しめます。





| お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。