2008年09月17日

ビタミンCを上手にとる

風邪の予防や美容に効果あり〜と、いわずと知れたビタミンC
その上手な摂取方法について、調べてみました。

果物や緑黄色野菜に多く含まれているビタミンCですが、水に溶け出しやすい熱に弱い酸化しやすいという性質をもっています。

煮物にすると、たくさん溶けてしまうので、汁も一緒にとることでビタミンCを無駄なく摂取することができます。
加熱する場合はゆでる、煮るより、蒸す方がビタミンCの残存利は高くなります。

酸化しやすいので、新鮮なうちに食べるようにしましょう。
特に、切ったり、むいたりしたまま長くおくと、どんどんと失われていきます。

サプリメント等で、摂取することも有効ですが、過剰に摂取すると下痢をすることがあります。
しかし、逆手にとると便秘を解消する手段になりえます。

自分の身体にあった適量を見つけてみてはいかがでしょうか?
 
 
| 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。