2008年08月20日

便秘と肌の関係

便秘が続くと、ニキビ肌荒れといった肌トラブルが生じやすくなります。

便として排出されるべき有害物質が異常発酵し、腸壁から血管へと流れ、出口を求めて体中をめぐり、最終的に皮膚にダメージを与えるからです。

人間の、腸内温度は約36.5度
36.5度の場所に食物を放置したらどうなるでしょう?もちろん腐りますね。

毒素は大腸で水分とともに再吸収されるので、便秘の期間が長ければ、それだけ多くの毒素が再吸収されてしまいます。

また、毒素の影響は肌だけにとどまらず、全身に至ります。
最悪、ガンになるケースもあるようです。

食物繊維の豊富な食べ物を摂取し、デトックスしましょう。

 

関連記事 : 「デトックスの基礎」


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。