2008年05月05日

セルライト

セルライトとは、太ももや腹部などにできるデコボコした状態になっている皮下脂肪で
太った人から痩せた人までほとんどの女性に見られる現象です。
体の異常ではなく普通の皮下脂肪と同じ状態である。
また、セルライトとは、実は医学的に正確に定義されているものではありません。

皮膚表面がオレンジのように凸凹になるため、見た目にも悪いばかりか肌がかさつく原因にもなります。
さらには、セルライトができると、脂肪層はますます厚みを増すことになります。
このセルライトがやっかいなのは、いくらダイエットやエクササイズをしても、脂肪や老廃物が代謝されないことです。
つまり、体重が落ちても下半身のサイズが変わりにくい原因となっています。

セルライトが出来る原因は、血行不良脂肪の代謝不良です。
一度できてしまったセルライトは、さらに血行の低下という悪循環をまねき、
周囲の脂肪細胞とくっついて、どんどん肥大化していきます。

このセルライトを取り除くには、血行不良を改善する必要があります。
血行不良の改善に効果的なのは、暖かくしてマッサージをつづけることです。

運動では、なかなか取れにくいため、半身浴が効果的です。
38℃位のお風呂に、週2回程はいれば、デトックス効果と相まって一石二鳥です。 

 

関連記事 : 「デトックスの基礎」



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。